本八幡駅徒歩15分の歯医者・アーツ歯科

地域密着型・かかりつけの市川市、本八幡の歯医者さん

八幡の歯医者 アーツ歯科

〒272-0021 千葉県市川八幡6-2-2

047-711-0113

営業時間

9:30~13:00/14:30~19:00
(土曜のみ18:30まで) 

お気軽にお問合せください

ミラクルデンチャーの現状について

ミラクルデンチャーも進化をしてきて、中川先生がついに頂点まで来たという話がありました。同じミラクルデンチャー登録医院でも、全てのミラクルデンチャーを扱える医院はそう多くはありません。当院は全ての種類のミラクルデンチャーを扱う事が可能な歯科医院です。

2014/10/28

最近、入れ歯の相談が増えてきました

最近、入れ歯の相談が増えてきました。新しい入れ歯を作ったが、物が詰まる、痛くて噛めない、金属のバネが見えるのが嫌などで相談に来る患者さんが増えてきています。

保険の入れ歯はルールですので、決まったバネ(入れ歯を支える装置)しか使えませんから、それ以上の事も、それ以下の事も出来ません。

入れ歯を取り外しする方法と、食事中に外れてしまう方向が一緒なので、食事中に動いたり、浮いた入れ歯の中に物が詰まるのです。

言い換えれば、動かない入れ歯を作れば、物が入る事はかなり抑える事が出来ます。実際、ミラクルデンチャーを初めて使う方の多くが、

『フィット感が全然違う』と言われます。

繰り返しになりますがミラクルデンチャーでは取り外す方向と、食事中の入れ歯が外れる方向が違うので、食事中に安定します。

保険の入れ歯は睡眠中に外れて誤飲をするのを防ぐために夜は外します。しかし、ミラクルデンチャーは外れにくいので、睡眠時も装着してもらいます。これは、残っている歯が睡眠中を守るためです。残っている歯にだけ力がかかるのでなく、ミラクルデンチャーを入れる事で、力を分散させて残ってる歯を外力から守るのです。

ただ、ミラクルデンチャーも入れ歯ですので、歯の支えが必要です。

神経治療している歯だったり、虫歯が大きく進行している歯はミラクルデンチャーを入れる前に予め治療が必要になる事が多いです。これをしないと、折角つくった入れ歯が支えになる歯を失った事で、安定しなくなります。これは、ミラクルデンシャーにも同じことが言えます。

歯科治療全部に言える事ですが、歯のない所に人工物を入れるという事でなく、きちんとした基礎の治療をする事で、口全体の長期的な安定が起きるのです。もちろん、悪化しない為に定期的なメンテナンスを同時に行う事が条件になります。

ミラクルデンチャーは金属を使用しないので、見た目の改善も出来ますが、

それは主の目的ではありません、あくまで付加的なものです。

また、見えない部分に金属を使用する事で、厚みを少なくして入れ歯を入れている事を忘れるくらい、違和感のないものを作成する事が出来ます。

プラスチックのみでも口の中で動かず、安定した入れ歯を作成する事が出来ます。しかし、厚みがあるので少し慣れるのに時間がかかります。(もちろん、保険の入れ歯に比べれば、違和感は断然少ないです。

さらに、違和感を減らすのであれば金属を使用したミラクルデンチャーを作成する事が可能です。

実際、今まで作成した方の中には20年以上入れ歯が痛くて食事が満足に取れない方が、ミラクルデンチャーをいれてから入れ歯の概念が変わったと喜ばれている方もいます。入れ歯で苦労されていた方のほとんどの方が、ミラクルデンチャーに大変満足されています。

 

今回は、ミラクルデンチャーの質問で多い内容について、書きました。

 

 

『ミラクルデンチャーの詳細』はこちら

ミラクルデンチャーデメリット、ミラクル浮く

追記です。

このページの検索で『ミラクルデンチャーデメリット』『ミラクルデンチャー、浮く』という検索でこのホームページを検索された方がいますので、追記します。

まず、デメリットですが今までの入れ歯の中では非常に少ないと思います。上記にも書いた通り取り外しのコツを覚える事が1週間位練習が必要な時があります。しかし8割の患者さんは数日で簡単に取り外しが出来るようになります。

入れ歯の中でも安定しているので、今までは歯茎で支える部分を広くする必要がありましたが、ミラクルデンチャーは今までの入れ歯に比べて面積を小さくする事が出来ます。

歯が傾斜していたりすると通常の入れ歯ではそこにバネをかける事が出来ずに設計に困ることもありました。神経治療をして歯の向きを見かけ上治したところで、骨に植わっている部分は傾斜しているの割れたり、被せ物が外れやすくなりました。しかし、ミラクルデンチャーはこのような傾きを逆に利用出来ます。歯の生え方に対して制限を受けることなく逆にそれを利点として利用出るのです。

他のしっかり噛めるような入れ歯の多くは、入れ歯を安定させる為に歯を削って歯に装置をつけます。その装置に力を加えて入れ歯を安定させます。装置がついた歯に多きな力が加わり装置のかかる歯の寿命を短くするのです。食事をする度に、装置に力がかかります。

ミラクルデンシャーは取り外しの時に少し力が加わりますが、食事の時に歯にそれほど大きな力が加わらないのが特徴です。

ミラクルデンチャーが『浮く』のは、ほぼ取り外しを間違っている時です。上記にも書きましたが、順番が決まっているのですが、緩くなったという方のほぼ全員が取り外しの順番を逆にした為に、ミラクルデンチャーが動くもので、順番をきちんと説明してからは、動かなくなっています。(簡単に修理が出来るのもミラクルデンチャーの特徴です)

一部の方ですが、ミラクルデンチャーを支えている歯そのものが動いているケースがあります。もちろん製作時にその旨を説明していますが、なるべく歯を残したいという希望があり、それを尊重しての治療です。通常に比べて調整量を多くしていますが、御本人は問題無く使えているとの声を頂いています(もちろん、当医院からすれば本来期待できる安定性よりは劣っています)

 

お問合せはこちら

お問合せ・ご予約

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

047-711-0113

診療時間:9:30~13:00/14:30~19:00
※土曜のみ18:30まで

休診日:水、日祝休診。祝日のある週の水曜日は診療

診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 9:30~13:00
午後 14:30~19:00

※土曜のみ18:30まで

休診日

水曜日・日曜日・祝日

祝祭日がある週の水曜日は診療しております。

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

047-711-0113

アクセス

住所

〒272-0021
千葉県市川市八幡6-2-2

JR・都営新宿線
本八幡駅より、徒歩15分
京成本八幡駅より、徒歩10分

<